›   軽トラ記者が行く 2 › 2013年09月

2013年09月16日

敬老会


昨日は地元・御船町自治区の敬老会でした。

75歳以上のお年寄り80名弱が区民会館に集まりましたよ。



毎年、この会を楽しみにしているお年寄りが多いそうです。




ボクは主に、記念撮影を担当。

撮影後すぐに写真店に走って、人数分をプリントしてもらい

帰りには持って帰って頂きました。


会場はなかなか盛り上がっておりましたよ。

台風の雨もこの時間中はふらず、よかったよかった。




区民会館の玄関でお出迎えしていて、

バリアフリーの大切さを実感しました。





  


Posted by ぶんや at 09:07Comments(0)地元御船町のお役

2013年09月16日

鮎釣りチーム戦2


先日参加した「第8回・全日本鮎釣りチーム戦」

楽しかったので、もうちょい振り返ってみようかな。



この大会は3人1組のチーム戦です。

ボクは釣友の三ツ石さん、椿くんとチームを組んで参加。

長良川、とくに中央漁協の管内はサッパリ詳しくない3人ですが、

なぜか、予選落ちする気がしませんでした。




ところが・・・

予選は、3人全員が6尾(オトリ鮎込み)と、低釣果。

合計18尾。

ほとんど諦めたのですが、

全体に釣れていなかったらしく、

ボーダーラインで決勝に進むことができました。




ボクの予選の失敗はといえば、

よく掛かる場所を探してばかりで

丁寧に釣っていなかったことです。

予選の終盤、諦め半分で、押しの強い深トロ瀬を丁寧に釣ったところ、

ポツリ、ポツリとではありますが、掛かる。

普段なら「釣れんっ!」と、場所移動してしまうようなペースですが

全体に釣れない状況ですので、この釣り方で我慢するのがベターでしょう。

そう悟った時には、時すでに遅しで、タイムアップでした。





ギリギリではありましたが、決勝戦に進めることになり、

ボクが考えた個人作戦はただ一つ。

予選の終盤と同じ釣りです。

深トロ瀬を、引き釣りで、しらみつぶしに探っていくことです。

実は、これ、

ボクが最も得意としている釣り方なのです。




押しの強い流れの中、石に踏ん張りながら、

時には石に足を引っ掛けながら、胸まで立ち込んで釣るので

体力の消耗が激しいですが、

そのぶん、他の釣り人が攻めていない場所を狙えます。

いわゆる「竿抜け」ねらいです。




2時間の決勝戦スタート。

案の定、ポツリ、ポツリと掛かります。

掛かったら、竿を曲げたまま腰より浅い水深までもどり、取り込み。

そして、新しいオトリに換えて、再び立ち込んでいく。

これの繰り返しです。

体力まかせの釣りではありますが、その中にも

底を引くコツがあります。

深トロ瀬の引き釣りとは、そういう釣りです。




そんなこんなで、2時間の釣果はオトリ鮎込みの10尾。

体力を振りしぼって得た、満足の10尾です。



チーム戦だからこそ、

あそこまで体力を振りしぼれたのだと思います。




鮎釣りごときに、何を言ってやがる・・・

と思う人もいるでしょう。


あるいは、


生きものを使って競技するなんて間違ってる・・・

と思う人もいるでしょう。




でもね、オモロイんですわ、これが。


天然アユを守らないとイカン!


と思えるのも、鮎釣りが楽しいからです。


今回はチーム戦で、さらに鮎釣りの楽しさが深まりました。


来年も参加するぞ、チーム戦。





  


Posted by ぶんや at 06:55Comments(2)アユ釣り

2013年09月14日

鮎釣りチーム戦



きょう長良川で開催された

「第8回全日本鮎釣チーム選手権」というアユ釣り大会に参加してきました。

その名の通り、チーム戦でして、

3人1組で総釣果を競い合います。

全国各地から100チームくらい参加していたかな。



ボクは矢作川の鮎モニター仲間とチームを組んで参戦してきました。

ふつうの個人戦とは違い、

自分が釣らないと、チームのメンバーに迷惑かけるというプレッシャーがあります。



なんとか予選は通過しまして、いよいよ決勝戦です。

あまり釣れる状況ではなかったので、

キビシイ戦いになるのは分かっていましたが、

釣れないのは皆おなじ。

釣れないながらも、着実に拾っていく釣りをせねばならない。

予選の終わり際に、そう悟りましたので

そのように行動するだけ。迷いはありませんでした。



・・・・・細かいことは、割愛っ!・・・・・・・・




結果は8位入賞!

一応「全日本」と名の付く大会ですから、

全国8位じゃ〜\(^O^)/





いや〜、チーム戦おもろいわ。

来年もでれたらいいな




  


Posted by ぶんや at 21:32Comments(0)アユ釣り

2013年09月11日

アユの冷凍保存


釣ったアユ

すぐに傷んでくるので、保存は冷凍が一般的ですね

ボクのやり方は、こんな感じ。




①氷水でキンキンに冷やし

②専用のビニール袋に氷水と共に入れて、

③余分な水と空気を抜いて、

④こんな感じでバットにならべ、そのまま冷凍庫へ
 ↓




このようにイッピキずつ冷凍すると、いろいろ便利です。

 ・友人に発送するのも楽

 ・食べるとき、必要数だけ解凍すればいい

 ・ウナギ釣りの餌にするのも、必要数だけ解凍できる。



慣れれば手間もたいして掛かりませんしね。




発送するときは、

発砲スチロールの箱に、保冷剤とともに入れて、

クール冷凍便で。







  


Posted by ぶんや at 04:03Comments(4)アユ釣り

2013年09月10日

橋の上で釣り



先日、2日連チャンで

某有料道路の橋の上から夜釣りをしました。

もちろん車道じゃありません。歩道です。

車は近くの空き地に駐めて、歩いて橋の上へ。

橋の上からの釣りは趣がないので好きじゃないのですが、

思うところがありまして、やってみました。




初日

穂先を見上げていると、背後に車が停まりました。

たまたま通りがかった知人です。

(よく、ボクだと分かったもんだ・・・)

ハザードを点滅させたまま、下りてきました。

スピードの出る有料道路なので、

車を停めていちゃ危ないのですが、

10分ほど見物。



マズイな、これは・・・






案の定




知人が帰って、しばらくすると

道路管理者のパトカーがやってきました。


「車をとめて釣りをしている、と通報があったものですから」


やっぱり通報されたか・・・

丁寧に、かくかくしかじかと説明。

納得してくれ、


「釣りはしてもいいですが、気をつけてくださいね」


と帰って行きました。

ご苦労さまです。






気をとりなおして穂先に集中すると・・・

今度は警察のパトカーがやってきました。

こちらにも通報があったそうです。


また、かくかくしかじかと説明し

ついさっき、道路管理者のパトカーが来たことも説明。


納得してくれましたが

ボクの住所、名前、電話番号を聞いて、帰って行きました。


なんとも騒がしい釣りです。


ボクが世間を騒がしてるんですけどね。





で、翌日

前夜に大物らしきアタリがあったので、

連チャンで同じ場所に行きました。



穂先に集中していると、

またもや道路管理者のパトカーが。


「自転車で倒れている人がいる、と通報があったものですから・・・」



  ん?


  あ〜!


餌をつけるために、ボクがしゃがんでいるのをみて、

通り過ぎた運転者が、自転車転倒と思ったのでしょう。

周囲にある釣り道具が、自転車に思われたのかな・・・



まったく騒がしい釣り場です。


あっ・・・ 釣り場じゃないですね。


うはははは








  


Posted by ぶんや at 04:46Comments(0)ウナギ釣り

2013年09月08日

県庁の食堂


先日ですね

狩猟免許の更新のため

名古屋で講習を受けてきました。



会場は県自治センター

昼ご飯を食べたいけど、周辺に店が見あたらん!



というわけで、

われらが赤味噌帝国の牙城へ





食堂は5階(だったかな?)







赤味噌帝国の牙城まで来て、

赤味噌を食さなければ、非県民です



味噌カツ定食ちょ〜だい!


500円なり〜




想像どーり、

食堂にありがちな、チープな美味さ♪

ご飯は冷たいし、味噌汁も煮詰まって、めちゃ濃いです!



赤味噌帝国、万歳っ!




食後は、おとなりの名古屋市役所の喫煙場所で

いっぷく






そのとなりが自治センターであります
  


Posted by ぶんや at 10:00Comments(1)酒・ご馳走・ヘタ料理雑記

2013年09月08日

チャイニーズな国のチョコ


先日、あるところで

コーヒーと共に、

チャイニーズなチョコレートを食べさせて頂きました。



中国みやげだそうです。


へぇ〜

箱の写真は万里の長城ですね。




中身はふつうですね。

味もおいしいよ。





でもね








アメリカンな国で作られたものでした〜。

ハワイ、ホノルルとか書いてあるし〜。






でも・・・

この表示をみて・・・



「ホントに made in USA かぁ〜?」



と思ってしまうのは、ボクだけではないはず・・・


美味しかったですけどね♪









  


Posted by ぶんや at 09:43Comments(1)雑記

2013年09月04日

釣り姿


オヤジのカメラから

天然アユ感謝祭の写真データを抜き出していたら、



大会でのボクの釣り姿を発見っ!




1枚だけかいっ!


ふつう、数枚は撮るでしょ・・・





  


Posted by ぶんや at 12:04Comments(3)アユ釣り

2013年09月04日

震度5+は誤配信



先ほどの緊急メールとよたの地震

やっぱ、誤配信だったようです。

地震は発生していないそう。



誤配信を責めるつもりは、まったくありません


でも、


でも、なんで、誤配信が起きたのかな?


知りたいですねぇ。




  


Posted by ぶんや at 09:49Comments(0)雑記

2013年09月04日

緊急メール


いま

緊急メールとよた地震情報が、携帯に届きました


9時21分に猿投地区で震度5+の地震があったそうです。


うちの会社、猿投地区なんですけども


じぇんじぇん気づかなかった・・・


ホントにあったのかな?



  


Posted by ぶんや at 09:32Comments(0)雑記

2013年09月04日



ウナギの夜釣りをしていると、

蚊に悩まされることもあります。


(ネットから拝借)



先日入った場所なんて、蚊の巣窟みたいな場所でして

虫除けスプレーの効果が感じられないほど。

あまりの蒸し暑さと、あまりの蚊の多さに

気が狂いそうでした。





さて、蚊にもいろんな種類がおりますね。

日本には100種類の蚊がいて、30種類くらいが人を刺すそうです。

ボクがふだんウナギ釣りをしている中流域の蚊は、

我が家の周囲にいる蚊と大差ない。

血ぃ吸われても、痒いだけです。

それに、藪からすこし離れたひらけた河原なら、ほとんど寄ってきません。




ところがですね。

上流のダム湖で夜釣りしているときに悩まされる蚊は

まったく違うんです。



まず飛び方が高速。

蚊独特の、あの羽音もちょっと違う。

飛ぶ能力が高いからなのか、藪から離れたひらけた場所にいても

襲ってきます。

やっかいな奴らです。




更にやっかいなのは、

その蚊に対する免疫がボクに無いからなのか、

翌日になっても痒いんです。

小さな水ぶくれみたいになるし。



う〜む・・・



これ、オモロイです
  ↓
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO32685280S1A720C1W08101/





  


Posted by ぶんや at 03:05Comments(4)生きもの

2013年09月03日

代議士2人


鈴木公平前市長の受章祝賀会を

取材したときのことです。


祝賀会の発起人のみなさんが壇上に座っておられました


そのなかで


代議士のお二人、八木哲也さんと古本伸一郎さんが

なにやら楽しそう。




隣で聞いている杉浦弘高市議会議長も楽しそうですね。



何の話してたんでしょうねぇ。






  


Posted by ぶんや at 17:30Comments(0)本業・取材

2013年09月03日

仕事の遅れ


天然アユ感謝祭が無事に終わって

ぼーっとしているのか


原稿書きが、遅々として進まんがや。

煙草はパカパカに進むけどね。





明日の朝までに原稿3つ。

朝から1つ。

まあ、なんとかなるでしょ。




  


Posted by ぶんや at 17:17Comments(0)本業・取材

2013年09月03日

アユ集め



前回もすこし書きましたが、

先週末「矢作川天然鮎感謝祭」を開催しました。


このイベントは



 釣り師が天然アユを釣りまくり、

 焼き師が焼きまくり、

 市民が食べまくる




というものです。

釣り師をはじめとする河川関係者が、天然アユの存在に今いちど感謝すること、

そして市民に、矢作川への関心をもって貰おうというのが開催目的です。




釣りまくると申しましても、有志の少人数だけでは不可能。

下記のように、釣り大会を何度も開催して、その釣果を使っています。


 ・7月の上流大会(ボクら鮎モニター主催)、
 ・8月の下流大会(釣りクラブのチームスタッブ主催)
 ・8月の中流大会(広瀬の広友会主催)




そうして事前に集めたアユが約800尾。

漁協の大型冷凍庫で保存していました。

それらを、当日、漁協の組合員の皆さんが塩焼きにしてくれました。






イベント当日にも、早朝から釣り大会を開催(釣具店の天狗堂主催)。

釣果は生きたまま検量してもらい、

イベントに集まった子供たちに

手づかみ体験&塩焼き体験をして貰いました。



これが、とても人気なんですよ。



こうして集めたアユは、合計1337尾。

すごい数です。




このように、

矢作川で行われているアユ釣り大会は

単なる釣り大会でなく、

ちょっとした意味があるのです。




矢作川の釣り師のみなさん、ご協力ありがとうございました。

そして、イベントを開催するために欠かせない協賛金をいただいた企業・団体のみなさん、ありがとうございました。


そしてそして、イベント・大会を支えてくださったスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。


反省会&打ち上げ、やりますよ!












  


Posted by ぶんや at 06:21Comments(3)アユ釣り市民活動・調査

2013年09月02日

アユ釣りが上達した



昨日、豊田大橋の下で

「第5回・矢作川天然鮎感謝祭」を開催しました。



ボクは実行委員長ですので、前日まで

いや、当日も天候が気になって仕方ありませんでした。



5回目ともなるとスタッフの皆さんも慣れたもので、

ボクの役目といえば、天気を心配することと、協賛金あつめくらいです。

各部会の調整も、部会長まかせです。うはははは。



実行委員長だというのに、当日の釣り大会(アユ集め)にも参加しまして

会場の様子はあまり見ておりません。

うはははははは。

これでいいのだ。



詳しくは今週の矢作新報に書きます。





ここでは、釣り大会のことを書きましょうかね。


ボクは基本的に、釣り大会は好きじゃないのですが、

昨日は、とても楽しかった。

なんとなく、自分の釣りが、久々に成長した気もします。



なぜか。



予選も決勝も

これ以上は無理っ! ってくらい真剣に、丁寧に釣ったからなんです。


丁寧な釣り・・・

ボクが苦手としているところです。



ですが今回は、本気で、丁寧に、やりました。

「釣り大会なんか運も左右する」

と自分に言い訳せず、真剣にやったんです。



大きな理由は、釣友の存在です。

ボクのアユ釣りのライバルであり、

矢作川の市民活動での、ボクの盟友です。



ライバルと書きましたが、腕の差は歴然。

もちろん、ボクが下です。

でもですね、アユの活性が最盛期の9月に

ボクの調子が良ければ、いい勝負ができる、かも知れない・・・

そんな差です。



ボクの調子、と書きましたが

実は、そんなもん、ありません。

思い通りに釣れない時に、釣りが粗くなってしまうだけなのです。

自分で、よ〜く、分かっております。



昨日は、その釣友に勝ちたいがために

丁寧に釣ることを心掛けました。



予選はボクも、彼も、難なく通過。

いよいよ決勝です。



他人の釣果は気にせず、自分の釣りを丁寧に続けました。

開始当初はアユの追いがイマイチだったのか、

掛かってはバレるの繰り返し。

ふだんのボクなら、頭がチンチンになって

釣りが粗くなっていくパターンです。



でも、今回は、冷静に、丁寧に・・・・



結果として、自分なりに満足のいく釣りができました。

やれば、できるがや

と自分でも驚いています。

真剣にやりすぎて、背中の筋肉がパンパンに固まってしまった・・・





結果は彼が2位、ボクは4位

惨敗です。

でもね、

ボクの心の中では、いい勝負をしたと、勝手に思っています。



久々に、アユ釣りが上達した気がするぞ。


アユ釣りは、やっぱり、おもろいっ!












  


Posted by ぶんや at 18:00Comments(2)アユ釣り