›   軽トラ記者が行く 2 › 雑記 › 子どもの稚アユ放流

2013年04月22日

子どもの稚アユ放流


この時期になると毎年
小学生による稚アユの放流イベントが行われます


矢作川漁協が放流するときに

それを

子供たちにバケツで放流させてあげようという取り組みです

学校と漁協の連携イベントですね

見ていると、とても微笑ましいものです



でもですね、ボクは違和感をもつんですよ


放流をなぜするのか

(ただ単に、釣りのためですね)


その説明をしっかりせずに、安易に、環境学習として放流させるのは、どうなんでしょう。


「アユは放流するもの」


そう、子どもが思ってしまうのが恐いですね




アユは放流するものでなく、海から遡上してくるものです

そちらを見せなきゃいけないんでないかい?

そう思うのです






同じカテゴリー(雑記)の記事画像
雪だげ
朝焼け
WE LOVE 矢作川
おいでんまつりピンチ
我が家のサクラ
高橋アンダーパス
同じカテゴリー(雑記)の記事
 雪だげ (2016-03-01 06:17)
 朝焼け (2016-02-16 08:39)
 WE LOVE 矢作川 (2015-12-06 12:28)
 おいでんまつりピンチ (2015-07-20 16:59)
 誕生日 (2015-04-27 09:27)
 猿投山が火事! (2015-04-01 11:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。