›   軽トラ記者が行く 2 › 雑記 › 靴下が回る

2015年03月17日

靴下が回る


右足の靴下

すぐに右回転するんですわ

かかと部分が、上にきちゃう。

今朝も、起きて1時間後には

ほれ、このとーり。




今ネットで調べてみたら…

股関節に問題があるようです。

----------------------------------------------
靴下が歩いているうちに回ってしまうのは、
脚の付根部分の股関節に原因があります。

歩き方に大きな問題があるのが直接的な原因だと言え、
足の親指で蹴ることで体を前に出すような歩き方ができれば
靴下は回らずに済みます。

例え、それがくるぶしまでの、スニーカーソックスであっても、
パンプスや、ヒール用に作られた、浅いパンプスインソックスでも、
高価な薄い靴下であっても、同様です。

また、このような症状のある方の特徴として、O脚や、X脚、
左右の足の長さの違い、靴底の減り方が左右違うなどといった、
他の特徴も見られることが多いです。

更に外反母趾であったり、あぐらがかけなかったり、前屈で手が床につかない、
開脚が90度以上できないといった症状も見られます。

思い当たることがあれば、股関節の歪みが原因となっているので、
股関節の歪みを解消する対策を今日から心がけていきましょう。

また、股関節の歪みのある方は、骨盤にも歪みがあるのが大半です。
下半身太りや、冷え、便秘などとも大きな関わりがありますので、
是非、股関節、骨盤同時に矯正を進めていきましょう。
---------------------------------------

う〜む…

治した方がいいんだろか…





同じカテゴリー(雑記)の記事画像
雪だげ
朝焼け
WE LOVE 矢作川
おいでんまつりピンチ
我が家のサクラ
高橋アンダーパス
同じカテゴリー(雑記)の記事
 雪だげ (2016-03-01 06:17)
 朝焼け (2016-02-16 08:39)
 WE LOVE 矢作川 (2015-12-06 12:28)
 おいでんまつりピンチ (2015-07-20 16:59)
 誕生日 (2015-04-27 09:27)
 猿投山が火事! (2015-04-01 11:05)

この記事へのコメント
初コメントです。よろしくお願いします。
靴下、回ります。
股関節、なんだ、原因が。
私、股関節が硬くて、腰のヘルニアになりました。
今、矯正に通ってます。
靴下のせいにしてました。
Posted by 千代子。 at 2015年03月17日 08:26
こんにちは

回りますか〜!

ボクも矯正に行かないとあかんかな…

ボクの体はおかしいらしく、以前、整体で

「背骨の歪みがひどいですね」

と言われたことがあります。

でもねぇ…

時間もお金も掛かるからなぁ…

今は不自由していないしなぁ…

と、放置中です

まずいかな…(^_^;)
Posted by ぶんやぶんや at 2015年03月17日 09:13
こんにちは

まずは股関節の柔軟体操から
はじめてはどうでしょうか。

柔らかさや曲がる角度が左右違ったり
いろいろな体のシグナルが感じられますよ。

ぼくはシーズンになると竿を片手にテトラの上を
ひょいひょい移動しなければならないので
柔軟体操始ぼちぼち初めてますよ。

はまぐり
Posted by はまぐり at 2015年03月19日 12:13
おっ! はまぐりさん

どこもかしこも、めちゃ固いんですよ、ボク

柔軟体操やってみるか・・・。
Posted by ぶんやぶんや at 2015年03月19日 13:12
柔道整復師(整骨院・接骨院)してます。 簡単なことですが、1日にほんの2~300mくらい(数回に分けても良いです。)平均的の上を歩くような感じで踵から着地し爪先で蹴る歩き方で筋肉のバランス合わせれば良いですよ。その時はモデルになったつもりで姿勢よく歩く更に良いですよ。
Posted by まんさん! at 2015年03月22日 22:59
まんさん、こんにちは

ありがとうございます!

300mくらいでオッケイですか!
さっそくやってみよ。

タバコ買いにいくだけでいいや♪
Posted by ぶんやぶんや at 2015年03月23日 08:27
人工関節も悪くないですよ^^
でも早めに対処した方が。。
Posted by よーやん at 2015年03月25日 16:40
おっ!

鳴門のサイボーグだ! \(^O^)/


そうですねぇ。

ちょいと運動はじめよ〜っと。
Posted by ぶんやぶんや at 2015年03月25日 17:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。